FX 比較するときのポイント

FX 比較するときのポイントを抑えておき、入門者や初心者などでも勝率を上げられるようにすると良いでしょう。まず、FX 比較する際に重要になるのが約定率の高さになります。FXで取引を行う際に売買を行うレートが表示されていますが、注文してから成立するまでにずれてしまうことがあり、これをスリップと呼びます。その結果、通常であればスプレッドの狭い会社を利用していたのに実際には他社よりも広くなって損してしまう場合があります。十分な注意が必要な要素です。アメリカの雇用統計発表などのイベントの内容によって相場が大きく動く際に発生するものなので、このタイミングでの取引を行う可能性がある場合は約定率を確認しておきましょう。

約定率に大きな差がないときに比較する要素がスプレッドであり、実質的な手数料に相当するものです。デイトレードなどの短期取引を行う際には、その都度発生するものなので狭い方が利益は出やすくなります。取引の方法によっては利息であるスワップも重要ですが、これはどのようにポジションを持つかで見方が変わります。

買いポジションを長期保有することでスワップを積み重ねていく場合には高い方が良いですが、売りポジションで保有するのであればスワップは受け取るのではなく支払うものになるため低い方が有利です。