FX 比較は名目上のスプレッドだけで判断しない

FX 比較は名目上のスプレッドだけで判断しない

FX 比較は名目上のスプレッドだけで判断しない 世界中のトレーダー達が利益を虎視眈々と狙うFX市場。だからこそ、FX 比較は丁寧に行わなければなりません。中でも、コストをいかに抑えるかは極めて重要な問題となります。FX 比較する際には、スプレッドができるだけ狭いブローカーを選択するのが必須です。特に、デイトレーダーやスキャルパーなど、短期売買を専門にするトレーダーにとって、コストは十分に検討しなければなりません。

しかしながら、現実的には各業者で名目上のスプレッドに大きな差はありません。例えばドル円であれば、0.3銭程度のスプレッドが基本であり、前後はあるものの差は小さいものです。ところが、相場が大きく動き始めると状況は一変します。なかなか約定しにくい業者や、スプレッドが極端に広くなる業者も見られるようになり、コストに差が生じる可能性が高まります。

そこで大切なのが、名目上のスプレッドに加え、約定率の高さや約定スピードの速さにも注目することです。これらの注目すべきポイントは、業者が利用するサーバーやシステムによって開きが出ます。そして、なかなか比較しにくい項目でもあるので、インターネット上の口コミで状況を確認すると良いでしょう。特に、FXトレードで結果を出しているトレーダーたちの声は大いに参考になります。

最新投稿